iPhoneを修理に出す前にすべき事!バックアップは取っておこう

iPhoneが故障してしまった!どうしよう…。

「iPhoneの電源が付かなくなった」「地面に落として液晶が割れちゃった」「水の中に落ちて水没してしまった」 様々な原因で故障してしまったiPhoneを修理に出さなければならなくなった時、修理に出す先やお得な修理方法をご存知でしょうか。 iPhoneの修理先は大きく分けて2つあります。 Apple Storeが運営する『正規修理店』と、それ以外の『非正規修理店』です。 それぞれのお店に修理の際のメリット・デメリットがあり、修理時の条件などによって出すべきお店は変わってきます。 まずは、正規修理店へ。 正規修理店では、Apple care+という保証サービスに加入しているかで修理金額が大幅に変わってきます。 まずはこの保証サービスに加入しているか確認しましょう。 また、正規修理店ではデータの復旧やデータ保存の保障がされていないので、事前にバックアップしておく必要がある点にも注意が必要となります。

非正規修理店へ出した際のメリット・デメリット

先述の理由で正規修理店に出すのが難しい場合は非正規修理店へ修理に出すのもひとつの選択肢です。 非正規修理店では正規修理店と比べ安価で修理を行ってもらえる事も多く、バックアップをとっていないデータの復旧ができる場合もあります。 正規修理店ではデータの保証はされていないので、バックアップを録っていない場合は非正規修理店へ出すことをオススメします。 但し、非正規修理店に出した際のデメリットも勿論あり、一度非正規修理店で修理したiPhoneは正規修理店での保証が効かない場合があります。 正規修理店・非正規修理店ともにメリット・デメリットはあるので、状況に応じた使い分けが必要ですね。 最後に、先述したApple care+の保障を受けられる期間は2年間となっています。 超えている場合は機種変更がお得という場合もあるので、この時は非正規修理店での修理が高額になる、修理不可能の場合は機種変更という流れがオススメです。

iphoneのバッテリー交換の費用は、数万円程度掛かることがありますが、契約先のプランの内容によって一定額の補償が受けられることがあるため、じっくりと契約内容を確認してみましょう。