iPhoneの修理にはどのくらい時間が掛かる?早く修理するためのポイント

オフィシャルで修理する場合

iPhoneが壊れてしまった場合に、Apple Storeなどで修理して貰う場合にはどれぐらいの日数が必要となるのでしょうか。
iPhoneで最も多い修理内容の画面の破損をApple Storeなどで修理依頼すると、可能な場合はその場で修理が可能なこともありますが、スタッフの状況や修理に必要なパーツの在庫状況によって対応できない場合も多いです。
その場で修理できない場合にはApple リペアセンターにiPhoneを送ってからの修理となりますので、修理が終わって手元に戻ってくるまで1週間ほどの時間がかかります。
修理先によっては修理状況をオンラインで確認できることもありますし、修理期間中の代替機貸し出しも基本的に行ってくれます。

修理業者に依頼した場合

iPhoneの修理はオフィシャル以外にも街中に修理業者がありますので、そういったお店に修理してもらうということも可能です。
この様なお店の場合、基本的にはその場ですぐに修理が開始となりますので、他のお客さんと被っていなければ最短で15分程度で修理してもらえるということもあります。
したがって、外出先で壊してしまった時やとにかくすぐに直して欲しい時には最適です。
オフィシャルの場合は修理価格は一定ですが、このような修理業者の場合は店舗によって価格が異なりますので事前に確認しておく必要があります。
一般的に価格はオフィシャルより安価になりますが、いわゆる正規のパーツではなくサードパーティ製のものを使用することもあるので注意が必要です。

iPhoneが熱くなったり、充電の消耗が速いとiPhoneのバッテリー交換時期が近づいてる可能性があります。Appleは製品の電力消費期間は3年間を想定していると発表しています。